Top はじめに ソフトウェア サポート情報
車両軌跡描画ツール

本ソフトウェアは、AutoCAD(またはLT)上で、車両の軌跡を描画するためのものです。
本ソフトウェアはAutoCADの機能拡張を行うものではありません。外部で実行するため、AutoCADとは別に起動する必要があります。

描画可能な軌跡は次の通りです。

・ 対応車種は、普通自動車、セミトレーラ。
・ 単一平面上における直進とコーナリングの組み合わせ。
・ 前進、後進、加減速。
・ ステアリングスピード(定速)を指定した旋回。
・ 回転半径を指定した旋回。
・ 描画エリアはUCS座標上の、-1E+16 < x < 1E+16 , -1E+16 < y < 1E+16 の範囲内。

軌跡描画サンプル (白線は、本ソフトウェアで描画したものではありません)

fig2.車庫入れ fig1.『8』の字 fig4.トレーラ旋回 fig3.縦列駐車 fig5.ハッチング例 透明ハッチング 通常ハッチング

また、軌跡の算出条件は次の通りです。

・ コーナリングの計算は、外側前輪のステアリング角を使用する。
(左右前輪は理想的なアッカーマン比をとるものとする)
・ タイヤ幅は0とし、タイヤの変形およびスリップはしない。
・ キャンバー角、キャスター角、トー角、キングピン角、スピンドルオフセット、 ホイールオフセットは全て0とする。
・ 駆動輪は(普通自動車またはトラクタの)後輪のみで、デフスリップ無し。
・ サスペンションによる姿勢変化無し。
・ トレーラの旋回について、JASO Z 006-92 とは近似方法が異なる(計算方法の詳細はヘルプに記載があります)。
・ 浮動小数点は倍精度。時間刻み値5msecの数値演算。

次の項目には対応していません。

・ 後輪のステアリング(4WS等)。
・ 荷重移動等によるステアリング特性の変化。
・ 単一平面でない斜面、または曲面での走行。
※UCSに描画するため、UCSを斜面に設定するのは問題ありません。

動作想定環境は次の通りです。

OS WindowsXP
WindowsVista
Windows7
AutoCAD 2000 〜 2015
LT 2000 〜 2015
上記の全ての環境で動作を保証するものではありません

動作確認済みの環境は次の通りです。

OS WindowsXP SP3(32bit)
WindowsVista(32bit)
Windows7(32bit/64bit)
AutoCAD LT 2000 , LT 2009 〜 2012

ライセンスについて。
AutoCAD(またはLT)正規版の1シリアルに対して1ライセンスです。
ライセンス購入時に、バージョンとシリアルが必要です。
バージョンは、AutoCADの場合はシステム変数ACADVERの値、LTの場合はシステム変数VERSIONの値です。
シリアルはパッケージに表示されているものか、システム変数_PKSERの値です。
AutoCAD(またはLT)のバージョンアップ等の理由により、シリアルが変更になったり、失効した場合は、ライセンスは無効になります。

Top Top